3割負担でシワ取りをした話

こんばんは、救急科医師の久津(くづ)です( ̄▽ ̄)

90代のおばあちゃんが、転んで額をぶつけた、といって救急車で運ばれてきた。

見ると額の皮がグチャグチャで、このままではとても縫い合わせられない。

こういう場合、トリミングと言う手段を使う。グチャグチャした傷ごと皮膚を紡錘型に切り取って、その後に縫い合わせるのだ。傷は大きくなるがこの方が綺麗に治る。

 

おばあちゃんの傷は大きく、結構な広さの皮膚を切り取った。幸い救急外来が空いていたので、時間をかけて丁寧に縫い合わせていく。

鏡を見せておばあちゃんに仕上がりを確認してもらう。

あらー!シワが伸びて前よりよくなっちゃったわ。

おばあちゃん


確かにリフトアップされて縫う前より若々しく見える。おばあちゃんはご機嫌で帰っていった。

 

転んでオデコを縫われてもてんでめげないこのポジティブさ。長生きの秘訣ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。