救急隊にオレオレ詐欺された男

こんばんは、救急科医師の久津(くづ)です( ̄▽ ̄)

80代のおばあさんが、急に呂律が回らなくなった、といって救急車で運ばれてきた。

頭のMRIで脳梗塞と診断した。ちょうどMRIの検査が終わった頃、救急隊の連絡を受けた息子が到着した。

息子に病状を説明しようとすると、何やら最初から怒っている。息子は50前後だが、真っ黒に日焼けして筋骨隆々、なかなかの迫力だ。

なんで救急隊からの電話が非通知なんだコラァ!

患者息子

救急科医 くづ

・・・非通知だったんですね、確かにびっくりしますね。
びっくりなんてもんじゃねえぞ!詐欺かと思ったわ!!

患者息子

救急科医 くづ

詐欺?
そりゃそーだろ!!いきなり非通知でかかってきてよ、お母さんが救急車で運ばれます、とかいってよ!オレオレ詐欺かっつーの!!

患者息子


見るからに怪しい電話のため、息子が自分から母親の携帯電話に電話する、と言うと、救急隊は「すぐ隣にいるから代わります」と言って電話を母親に代わったらしい。ところが母親は呂律が回っていないため、別人のようだったという。

だからよ、誰だてめぇ!!って怒鳴ってやったんだよ!でも俺の名前とか親父の名前とか聞くとちゃんと答えるもんだから、よーやくお袋って分かったんだよ。紛らわしすぎるだろ!どーなってんだオイ!!

患者息子

救急科医 くづ

それは確かに大変紛らわしいと私も思いますが、救急隊のことを病院の私に怒られても困ります。それと他の患者さんもいらっしゃるのでもう少しお静かにお願いします。

鼻白んだ息子はおとなしくなり、そのまま入院の書類にサインして帰っていった。

あとで消防に問い合わせると、イタズラ電話対策に家族には非通知でかけるらしい。気持ちは分かるが、短絡的に怒らないで欲しいなぁ、と思う久津なのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。