先生、助けてよ

こんばんは、救急科医師の久津(くづ)です。

ある休日の救急外来に、30代の男性が開業医からの紹介状を握りしめやってきた。見ると血液内科宛てになっている。

救急科医 くづ

今日は休日ですので血液内科の外来は閉まっています。私は救急科の医師のヤブといいます。私の診察でもよろしいですか?
すいません、どうしても平日は行けなくて・・・よろしくお願いします。

30代男性


紹介状を見ると、風邪の症状で開業医を受診し、血液検査をしてみると白血球が異常に高く、白血病が疑われるとのことであった。

先生、まさか本当に白血病ってことはないですよね?酒はちっとはやりますがタバコもやらないし持病もないし・・・

30代男性

救急科医 くづ

兎にも角にも、当院でももう一度検査を行ってもよろしいですか?

検査の結果、白血球数16万/μLと正常の20倍以上であった。

救急科医 くづ

やはり白血病が疑われます。精密精査と治療方針の決定のために週明け平日の外来の予約を取ってよいですか?
ちょっと次の週は仕事で・・・

30代男性

救急科医 くづ

ご存知かもしれませんが白血病は命に係わる病気です。命なくしては仕事どころではないですよ。
それは分かっています!分かっていますが・・・自分、外資なんです。簡単に首を切られちまう。

30代男性

救急科医 くづ

診断書なら書きますよ。本当はまだ確定とまではいかないけど、そこは書き方次第でなんとでもなりますから。
ありがとうございます、でも本当にダメなんです。今は繁忙期で・・・そういう理屈が通用しないんです。再来週なら夏休みが取れます。

30代男性

救急科医 くづ

再来週!?それは本当に保障しかねますよ!
分かってます!

30代男性

分かってるんだけど・・・

30代男性

救急科医 くづ

別に意地悪で言っているんじゃないんです。あなたのお体が心配だから言っているんですよ。確定ではないにせよ、それくらい大きな異常があるということなんです。
分かりますよ・・・病気治さなきゃそもそも働けない、ってのも・・・でもそもそも働いて稼がなきゃ生きていけないじゃないですか。どっちが先とか言えないじゃないですか。

30代男性

救急科医 くづ

・・・・・・

 

血液検査とCT検査では幸い慢性期の所見に見えた。もちろん専門外なので確定はできない。それも男性に素直に伝えたうえで、2人で話し合い、再来週に外来を予約することにした。

先生、これからも先生が診てくれるんだよね?

30代男性

救急科医 くづ

・・・血液内科は専門外ですから。

救急科医 くづ

でもうちの病院の血液内科の先生たちは皆尊敬できる人達ですよ。それは保証します。
・・・先生、その・・・助けてくれてありがとう。

30代男性


久津は男性に対して何一つ治療はしていない。でも、そう言ってくれて、よかった。