はるばる救急車に乗って来たんですけど!

こんばんは、救急科医師の久津(くづ)です( ̄▽ ̄)

70代の女性が、便秘が辛い、といって救急車で30分もかけて運ばれてきた。この搬送時間は都内としては異例である(平均10分くらい)。なんでも、大腸がんで有名なうちの病院にどうしても行きたいと言い張ったらしい。

救急車からさっそうと降り立ったオバサンは、歩いて診察室に入ってきてこう言った。

私、大腸癌が心配なので検査してください。

オバサン

・・・

研修医 高崎


担当することになった研修医の高崎も唖然としている。オバサンの勢いに押されつつもなんとか説明を始める。

あの・・・救急外来ではそういった検査はできません。

研修医 高崎

あなた本当に医者?大腸癌だったらどうするの?

オバサン

もちろん大腸癌は重大な病気です。でも1日2日で進行するような緊急性が高い病気でもないんです。

研修医 高崎

でも1日でも早く見つけたほうがいいに決まってるじゃない。

オバサン

それはそうかもしれませんが、そもそもこの夜の時間に精密検査はできません。

研修医 高崎

30分もかけてはるばる救急車で来たのよ!いいからCT検査してちょうだいっ!

オバサン

そもそも便秘は救急車で来るような病気じゃありませんっ!!

研修医 高崎


そもそもはるばる運んだのは救急隊の人であって、オバサンは連れてきてもらっただけである。

 

こじれてきたので久津が介入を始める。高崎はこういった患者の対応があまり得意ではない。久津がなんとかオバサンと高崎をなだめすかして、今日のところは浣腸して出せるだけ便を出し、明日の内科外来を紹介することにして双方を納得させた。

浣腸が終わった後
、すっきりした顔でオバサンが久津に声をかけた。

センセ、CT撮ってくださいます?あとどれくらい便が残っているか確かめたいので。

オバサン

救急科医 くづ

・・・いえ、ですから・・・

その後も説得に相当時間が撮られた。会計後も、さっきの便に血が混じってた気がする、もう一度診察を!などと言って大騒ぎであった。

 

本当に緊急の患者さんの搬送が送れないように、救急車は適切に利用しましょう。#7119の対応地域であれば#7119に電話を、それ以外の地域は消防庁の全国版救急受診ガイド(Q助)の利用をおすすめします。

5 Comments

うさ

くづ先生こんにちは。
救命志望の看護学生(18)です。
最近先生のことをTwitterで知り、今ではすっかり先生の記事が毎日の楽しみになっています。

私は以前ひどい腹痛で夜間に病院を訪れたのですが、病院に着くとケロッなおってしまい病院の方々には申し訳なかったなと感じたことを思い出します…
その事もあり、先生たち側からの視点でのお話が勉強にもなり、また面白いです。
応援しています。
長文で私事失礼致しました。

返信する
kuzu-doctor

そういう病歴で卵巣嚢胞軸捻転の人もいますからね。
呼んでいいんですよ!
ただ救急隊の方も忙しくなってきているので#7119やQ助を使うとなお良いですね。
そして救急に興味をもってくれて本当に嬉しいです!

返信する
うさ

お忙しい中お返事ありがとうございます!

#7119の事は知っていて、電話をした時に既に腹痛から2時間経過との事で救急車を呼んでくれと言われました。
家族が起きていたので自力で行きますと断り、支えてもらい連れて行ってもらいました。

今後も記事楽しみにしています☺️

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。